読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

happier!  

もっと楽しい明日にしよ♪

身体よ、踊れ!(アラフィフZumba体験記)

f:id:happier_niko:20170423153023j:plain

アラフィフの私ではありますが

ダンス系は経験者です。

 

幼稚園児にまで半世紀近くさかのぼりw そこから小学生の間はクラシックバレエを。中学生の頃はバトントワリングのクラブ活動、高校生でジャズダンス(ふ…古)更にエアロビクスをやっていました。

 

その後はジム通いでちょいちょいやってた感じでしょうか。出産経験後、体力が壊滅状態に。ここ10年くらいはパワーヨガとかやってたのでダンスは・・・・・体力も落ちたしもう無理か・・・と。

でも最近!もうちょっとやっとけば良かったなぁ、なんて考えてました。

 

 

 

チャンスはすぐに来た

 

すると友人からお誘いが!

みんな私よりひと世代若いんです。でも即答で「やる!」と答えていました。(無謀)

 

何でもそうしたいなーって思ったらチャンスが来て、やるかやらないか即答で決める!こんな感じで何でもこなしてきたので今回も即答。

 

ズンバ(Zumba

・・・・・正直なんじゃそれ?です。

 

ズンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

ズンバ (ZUMBA)とは、コロンビアのダンサー兼振り付け師であるアルベルト・"ベト"・ペレズによって創作されたフィットネス・プログラムの名称である。

主にラテン音楽 (クンビアサルサメレンゲマンボチャチャレゲトンソカサンバアシェ,ミロンガ)などによってエクササイズが行われるが、これにヒップホップフラメンコタンゴベリーダンスボリウッド (インド舞踊)などが加わる。さらに2016年からは JPOPが追加された。エアロビクスなどのその他のフィットネス、エクササイズプログラムに比べて、ダンスステップを基本としており、クラブなどでの「実用性」にも富み、それが昨今の人気に繋がっていると見る向きもある。 ズンバは、コロンビアで使用されるスペイン語では「早い動きで楽しむ(お祭り騒ぎ・バカ騒ぎ)」[1]を意味している。

 

ということで、何でもありのお祭り騒ぎ♪楽しそうだー!とテンションが上がった私w

 

 

これは命の危険かも!?w

 

早速、お試しレッスンへ

皆さんすでに集まっていて各自でストレッチやってました・・・

 

「先生来たら即始まって、みず飲む以外ノンストップだよー^^」

 

(小さく)ひぇー。

慌ててアキレス腱とか伸ばしてみる。「いっちにーさんしー・・・」「うっ・・・」

この硬さ、すでにヤバい雰囲気である。。。

 

先生が来て明るくご挨拶♪・・・カッコいい・・・♪そして若い・・・♪w

スタジオに入って即音楽が。テキトウニ後ろの方に陣取ってw

 

始まってすぐ・・・うわぁぁぁ!!!めっちゃ楽しい!!!

 

 

10分で滝の汗、そして息切れ・・・

 

30分くらい・・・ヤバい!膝に来た!・・・・少し加減して・・・持つかな・・・

 

ラスト10分ほどかな?って所で足がつりそうになる!勝手に少し足を延ばす動きを入れて・・・お!?ちょっと治まってきた・・・

 

その直後にストレッチが入ったので丁度良く、上手く足のツリもごまかせて

 

何とか終了!!!

 

 

途中何度か、命の危機を感じたがwww 

楽しくて、出来なくて笑いが起こりっぱなし。

 

 

終わって先生に「どうでした~?」って聞かれたとき

「楽しいーーー!次も来ます!」と笑顔で即答していた。

 

 

多分・・・何とかなるw

 

楽しさと、体力を天秤にかけて、楽しさが勝った感じでした。体力はそのうち付くはずなので、とりあえず続けてみる事にしました♪

何といっても楽しいのと、振り写しを必死で覚えることで思考の入り込むことのない純度100%の時間が過ごせるのが最大の魅力でした。

 

この歳でまた出来ると思ってなかったのが嬉しい!しかも高齢者クラスでないし、カッコいいからテンションも上がるし。

 

高齢者の音楽健康体操みたいなんも経験あるんですよ。実はwww

昔、近所のおばちゃんに連れて行かれて。でもやっぱりカッコ良くないとテンションは上がらないのですよ。マッタリした雰囲気で、おばちゃんに囲まれてつつかれて。あれはなし。(笑)

 

取り敢えず楽しめる間は続けていこうと思います。もうちょっと動けるようになりたい!